そろそろ4K

UHD BDも単価が高いなりにそこそこ出てきましたので、
そろそろ4K環境の構築に本腰を入れないとぉぉぉ

ということで買いました。結構悩みましたが・・・

今回の大方針

・メインのお部屋をまず4Kに・・・ということでテレビをアンプを入替える

・いままで使っていたTVとアンプはサブのお部屋に移動
→サブのお部屋のアンプはなんかおかしいので廃棄・テレビは居間へ移動
  +ラックが変にゆがんでおかしくなっているのでラックも変更
→居間のテレビは誰かにあげるか売るかする

テレビ要件
 ・4K 65型
 ・直下LEDバックライト + ローカルディミング
 ・全端子 HDMI2.0+HDCP2.2対応
 ・そこそこ軽い
 ・配信にそこそこ対応できている(NETFLIX必須)→AndroidTVとPS4proでカバー可能?

アンプ要件
 ・Atoms対応
 ・9.1ch出力(7chでもFHとBHの切替式7.1ch出力)
 ・奥行40cm以下
 ・せめて15kg切り
 ・ネットワークオーディオ対応 →AndroidTVとPS4proでカバー可能?
まぁこんな感じで悩みました。

特にテレビはメーカーによって変なコダワリ?があるので悩みましたねー
 SONY : AndroidTV搭載 HDCP2.2は2系統のみ エッジ型BLが多い リモコンコード設定がない(ここ重要)

 TOSHIBA:会社自体が・・・ スペックはよい ゲームモードあり(ここ重要) ネット配信が糞

 Panasonic:おおむねスペックは良い 重い(ここ重要)

 LG:安い 普及帯は悪名高いRGBW液晶(検討機種は普通のRGBでした) 珍しいIPS

 SHARP:そもそも65型がない ウンコ

 三菱:レーザーとか使ってなんかすごいけど、でかすぎ&重すぎ
 
まぁ、こんな感じで早々にSONY・TOHIBA・Panaあたりには絞れたんですが、
panaは重すぎるので除外(重くなければPanaでした)

SONYとTOSHIBAでガチンコ悩みまくりだったのですが、
SONYのAndroidTVは同じ部屋でPCS利用のディスプレイとして使用しています。
ここでリモコンコードがない(ぽい)というのが非常に問題に・・・
そう・・・動いちゃうんです・・・両方。

メインのTVも今現在はSONYなんですが普通に両方動いてしまうという
無線リモコンなら機械ごとでペアリングするんですがら問題解決するんですが・・・・
無線リモコンカムバック・・・

TOSHIBAは配信関連の弱さが目立ちますが、ゲームモードの搭載がかなり魅力的ではあります。
ということでTOSHIBAにしました。

REGZA 65Z810X  に決定~(33万8000円ほど)


アンプは当初YAMAHA RX-A2070を考えていましたが、
高すぎ(16万)&重すぎ(17kg)&奥行長すぎ(47cm)という3重苦
RX-A1070でも価格(10万)・重さ(14.9kg)・奥行(44cm)と、奥行アウトです。

そんなこんなで他メーカーはどうなんじゃろうとみていると
デノンから出てるじゃないですかー 11.2ch(2chプリアウト)というお化けアンプが
価格(10万切)重さ(13.5kg)奥行(39cm)と、そこそこいい感じ

たぶん秋には新機種が出るんでしょうけど、そこまで大幅な進化はないと思うのでDENONにしました。

AVR-X4300H に決定~(99000円ほど)

あとはラックですが、こちらはADKのAS-1800DXLです。
後々65型に変えたいし、サブのお部屋はスピーカーはブックシェルフタイプなので幅が必要なので・・・

ということで8/20前後は4K対応作業であれこれ忙しいぞう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック